健康

気温25度でも要注意!子どもの熱中症対策は万全に。

今週は私の住む地域では最高気温25℃程度の日が何日かあったのですが、つい3日前に次女のクラスの子が体育後に「気持ち悪い…」と訴え、そのまま倒れてしまい救急車で運ばれるという惨事がありました。 幸い軽症で済んだようで次の日もちゃんと登校...
健康

【子どもの身長の悩み】平均値より大きすぎ、小さすぎは病気のリスクも。ホルモン治療開始は早いほど吉。

新年度が始まり早半月。 学校ではそろそろ身体検査が始まっているところも多いのではないでしょうか。 そこで気になるのが子どもの発育状況。 特に平均値を下回っている場合、心配になってしまう親御さんも多いのではないでしょうか。 ...
未分類

第一子の性別で離婚率に差…。娘のいる家庭は離婚率が高い!?

日本の夫婦のおよそ3組に1組が離婚すると言われている現代。 離婚の背景にはそれぞれの理由がありますが、家族構成…とりわけ第一子の性別で離婚率に差が出るという発表が雑誌「エコノミック・ジャーナル」で昨年12月に発表されました。 第一子...
生活

戸建住宅の大誤算。騒音の苦情はマンション以上!?子育て世帯が気を付けるべき点とは。

一般的に、集合住宅には騒音トラブルがつきものだとされていますが、戸建て住宅でも近隣住民からの騒音で悩む人は意外に多くいらっしゃいます。 家同士が離れているのに…と不思議な気もするのですが、子育て世帯は特に子どもの泣き声や走り回る音など...
生活

【統計】小2がいじめのピーク。自由の少ない子供達…習い事の掛け持ちによるストレスが一因か。

『いじめ』と聞くと、いじめが理由で自殺するお子さんが小学校高学年~中学校の3年間に集中していたイメージがあるのでそのあたりがピークなのかな、と思っていたのですが、最近の調査で子どものいじめのピークは何と小学校2年生だと判明したそうです。 ...
健康

子どもに【ブルーライトカットメガネ】は悪影響の恐れ。眼科6団体が慎重意見を発表。

パソコン、スマホ、ゲーム機、テレビ、蛍光灯、LEDなど、私達の身近にはブルーライトを発する電子機器が様々あります。 ブルーライトは浴びすぎると体内時計のリズムが狂ったり、目を疲れさせるなどと言われており、そのデメリットを少しでもなくせ...
健康

汗をかかない子どもは熱中症リスク大!?能動汗腺を改善して夏に備えよう!

ここ最近、日中は子ども達が半袖で過ごす機会がチラホラ出てくるようになりました。 今はまだ風が涼しいので汗をかかないのですが、これから初夏~真夏~残暑と汗をかく機会がたくさん増えるでしょうね。 ところが今、暑い日でも汗をかかない(...
健康

5月病にかかる子供が年々増加中。早期回復させるにはどうしたらいいの??

この時期から心配されるのが5月病。 新年度の緊張の糸がGWあたりでプッツリと切れてしまい、『会社に行くのが辛い…』と大人がかかりやすいものとして広く認知されていました。 しかし今、5月病にかかる子どもは低年齢化しており、しかも年...
生活

【上の子かわいくない症候群】行き過ぎは子どもの脳の変形リスクも。どうすれば抜け出せる??

下の子が生まれたのを機に、それまでとってもかわいかった上の子のことをかわいいと思えなくなるという【上の子かわいくない症候群】に陥っている親御さんは意外に多いそうです。 風当たりがキツくなってしまった上の子もかわいそうなのですが、上の子...
生活

【単身赴任】子どもの不安定さは母親のメンタルが原因となっていることが大半。ポジティブ思考が家族を救う。

定期的に転勤があり、そのたびに家族と一緒に引っ越しを繰り返す…という場合、子どもの年齢によってはお父さんだけ引っ越しをする、いわゆる【単身赴任】を選択する家庭も少なくありません。 でも、子どもにとっては父親も母親もとても大切な存在。 ...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました