健康

【家電からの電磁波問題】子どもへの影響、できる対策とは。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコン、パソコンなど、私達の周りには生活に欠かせない家電がたくさんあります。 しかし、そのどの家電からも電磁波が出ていることを知っている人は案外少ないようです。 目に見えない電磁波による子どもへ...
生活

【記念写真】出張撮影に依頼するパパママが増加中⤴人気上昇の理由とオススメの業者をご紹介☆

お子さんの記念写真の撮影手段として、ここのところ利用者が増加傾向にあるのが“出張撮影サービス”。 指定した日時に指定した場所で撮影をしてくれるのが最大の魅力で、「こちらからスタジオに向かうのではなく、来てもらうというスタイルが有難い」...
トレンド

タマホーム社長のワクチンを巡る発言、根拠はどこにある??

前々から「ワクチン推進派」と「反ワクチン派」とで安全のためにはどちらがいいのか、というような議論がネット上でも繰り広げられていましたが、最近世間をザワつかせているのは、CMでもおなじみの「タマホーム」社長が社員に向けて放ったとされる発言です...
健康

永久歯が生えてこない…。子どもの歯の生え変わりトラブル、病院に行く目安とは。

子どもの歯は、平均して6歳頃から乳歯が徐々に抜け始め、小学校を卒業する頃にはすべて永久歯に生え変わるのが一般的です。 個人差があるとはいえ、抜ける時期が遅かったり永久歯がなかなか出てこないなど子どもの歯に心配事を抱える親御さんも多くい...
生活

【男児の水着】裏地がメッシュ生地は履いちゃダメ!皮膚が挟まれ陰茎を傷つける事故多発。

本格的な夏を迎え、海にプールに…と水着を着る機会も増えるシーズン。 そんな中、男児の水着による事故が相次いでいるとのことで、注意喚起が出されています。 裏地がメッシュ素材は履かないで! 水着が原因で男児の陰部を傷つける恐れがあると...
健康

【モデルナワクチン】対象年齢を12歳に引き下げで保護者の間にさらに募る不信感。

ファイザーワクチンに引き続き、モデルナワクチンの接種対象年齢も12歳以上へと引き下げられる方針であることが今朝のニュースで報道されました。 モデルナ社はアメリカ国内の12~17歳の子ども約3700人を対象に臨床試験を行って...
健康

【FDA文書】治験参加の子どもの86%が有害事象を経験。子どもへのコロナワクチン投与は慎重に。

ここへきて、感染が再加速しているコロナウイルス。 昨日(7月12日)東京都では502人の感染が確認されており、基礎疾患のない10歳未満の女児がコロナウイルス感染後に重症化したことも公表しています。 現在は人工呼吸器を装着して治療...
生活

子どもに大人用ネイルはアレルギーの危険性。自然派マニキュアで親子でオシャレを楽しもう☆

この時期、大人のオシャレに欠かせないのがネイル。 ママのお手入れされた指先、つま先を見て「私もやりたい!」と興味を示すお子さんが増えるのもこの時期です。 「ちょうど夏休みに入るし…」とご自身のマニキュアを塗ってあげる親御さんも多...
健康

若年者ほど政府・厚労省に信用無し。ワクチン接種を拒否する若者増加で集団免疫は実現するのか。

私事ですが、昨日父親(70代)がコロナワクチンを接種しました。 ワクチンを懐疑的に感じている私と母親は散々止めたのですが、「絶対に打つ!」と言ってきかず、打つも打たぬも最終的には本人の意思、と割り切って送り出しました。 本人は「...
健康

変異株に対するファイザー製ワクチンの予防効果が大幅減。今後も下がる可能性。

先月の15日、変異株の種類によってはアメリカの製薬会社ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの働きが弱まる可能性があることを示す研究結果を国立国際医療研究センターのチームが発表しました。 接種を受けた約10人の血液を集め、ウイルスの感...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました