ワクチン接種者との接触で女性の身体に異変相次ぐ。明らかになり始めたワクチンの真の恐ろしさ。

健康

コロナワクチンを調べれば調べるほどにショッキングな事実がわんさか出てきて、夜のニュースで報道される「接種者◌人」という数値がここ最近では恐ろしくなっています。

ワクチンは現時点では安全とは言い切れません。

治験が完了するのは再来年なので、まだ実験の途中です。

今回の記事では、未知のワクチンを接種した後、接種者や接種者の周りにいた未接種者にどのような変化が起こったのか、特に女性に知っておいていただきたい有害事象を中心にお伝えしていこうと思います。

赤ちゃんにダメージを与える可能性

ここのところの記事で繰り返しお伝えしていますが、ファイザー自身が有害事象の可能性を認めて発信している公式文書を知らない日本人が多すぎることにとても不安を感じていて、「ワクチン接種がコロナ解決への道!」と言わんばかりに政府が接種をゴリ押ししている様子が奇妙で仕方ありません。

すでにご存知の方も多いでしょうが、コロナワクチンを接種すると男性よりも女性の方に副反応が圧倒的に多く出ます。

そして女性の方がワクチン後の身体のダメージが大きいことがわかっています。

ファイザーは公式文書で

ファイザーの新型コロナ遺伝子ワクチンを接種していない女性が、接種している人の皮膚に直接触れる、あるいは接種した人の近くで空気を吸うと、その女性が妊娠している場合には以下の例がある。
・流産する
・早産する
・赤ちゃんに母乳を与えることで赤ちゃんにダメージを及ぼす
・生まれた赤ちゃんに脳のダメージが起こる

と警告していますが、日本ではその警告を報道しないどころか「デマだ」と政治家が言い切っちゃってますから救いようもありません。

接種をしていない人に上記の例が起こる理由として、

接種した人の体液(汗、涙、血液、精液など)や呼気にワクチンに含まれる物質が含まれており、接触あるいは接種者の呼気を吸うことで曝露(感染)する可能性がある

と、これもまたファイザーの公式文書にしっかりと記載されています。

つまりは、接種した人のそばに行くとワクチンの作用でその人の身体から“何か”が出て、それにより未接種者が被害に遭う可能性がある、ということ。

今の時点では「必ずそうなる」ではなく「可能性がある」という評価ですが、これがのちに大被害となる可能性もなくはないので怖いところです。

ワクチンを打つかどうか迷っている人はとにかく情報を集めてください。

生理が乱れる!?

日本でも海外でも、接種者及び接種済の人と接触した未接種の女性から、「生理がおかしい」との声がたくさん出ています。

参考に→新型コロナワクチン接種後に「再び生理がきた」?  海外で閉経後の女性が複数人報告

・閉経したのにまた生理がきた

・生理の出血量がいつもよりかなり多い

・生理が来る時期じゃないのにきた

等々、Twitterなどでは女性の困惑する様子がたくさん溢れています。

単なる噂じゃなく、実際に体験している人の話を聞くと本当に恐ろしいです。
これで妊娠に影響ない、胎児にも影響がないってあり得るのでしょうか。

未知のワクチンだけに今後どのような影響が出てくるのか、本当に怖いです。

特にこれから妊娠、出産をする若い世代への影響が気になります。

女児に起こった不正出血

海外では気になる事象が。

ワクチンを接種したばかりの祖父母と週末に過ごした5歳の少女の身体から生理のような不正出血が起こったとのこと。

もちろん少女は未接種者。

他にも接種者のそばにいた16カ月の女児の膣から“かたまり”が出てきたなど、大人だけでなく小さな女児も接種者からの影響を受けているようです。

接種した人のそばにいるだけで曝露するって、考えただけでも恐ろしくないですか?

ワクチン接種者が日に日に増えているわけですから、未接種者であっても被害を受ける可能性が単純に上がっていくということ。

このような事象を受け、アメリカの学校では興味深い動きがありました。

接種者から未接種者を守る動き

アメリカのフロリダ州にある私立学校(セントナー・アカデミー校)では、今年の4月にワクチン接種者が未接種者に有害事象を起こす懸念があるとして、ワクチンを接種した教員と未接種の生徒を接触させないという通達を出しました。

【4月28日 AFP】米フロリダ州の私立学校が、新型コロナウイルスワクチンを接種した人は周囲に危険を及ぼす可能性があるという情報に基づき、接種した教師と生徒の接触を禁止した。

セントナー・アカデミーは26日、共同創立者のレイラ・セントナー氏が保護者宛ての電子メールで、ワクチンを接種した人は「体から何かを発している可能性がある」として、周囲の人々、特に「女性と子どもの生殖器官や生殖能力、正常な成長と発達」に悪影響を及ぼす恐れがあると主張した。

同校はさらに、「この実験的な薬が未接種者に影響を与えるかどうかについて、さらなる調査が行われるまで」接種を控えるべきだと主張し、年度末まで接種を待つようワクチンを未接種の教職員に促した。

引用:米学校、ワクチン接種した教師と生徒の接触禁止

しかしこれは『誤った情報』として拡散されていて、否定的な意見が多いとのこと。

アメリカでも日本と同様にワクチンを接種させるのに必死なため、余計な情報を信じる国民が出てくると厄介だから誤情報として処理したいのだろうな…と想像がつきます。

しかし日本でも、似たようなことが。

ワクチン接種者の受け入れを見合わせる病院や飲食店がここへきて増えつつあるんです。

ある病院に貼られた張り紙

「未接種者お断り」という張り紙ではなく、「接種者お断り」ですからね。

ワクチンの副反応と闘って、もしかしたらワクチンへの不安とも闘った接種者からしてみたら、このような動きはもはや恐怖でしかないのではないでしょうか。

おわりに

現在確実にわかっていることとしてお伝えしたいのは、

このワクチンが将来自分達の身体にどのように作用するのかわからない

ということです。

様々な事象を抜粋しましたが、これらは今のところ『可能性が強いと想像できるが因果関係は認められていない』という曖昧なもので、これをどう捉えるかは個人個人の考え方によると思います。

私は今のところワクチンを打つつもりはありませんが、ワクチンを打つ人に対して反対をするつもりもありません。

ただ、自分で何も調べずに「政府が言ってるから」という根拠のない安心感や「みんな打ってるし~」という他人任せの感覚は、接種前にきちんと調べなかった自分を悔やむ可能性もあるため避けたほうがいいのではと感じています。

現在、コロナウイルスに対する治療はできてもコロナワクチンに対する治療はできません。

よく調べ、納得してからの接種でもいいのではないでしょうか。

一人一人が悔いのない判断を冷静にできることを願います。

 

過去記事も参考にしてみてください。

コメント

  1. […] ワクチン接種者との接触で女性の身体に異変相次ぐ。明らかになり始めたワクチンの真の恐ろしさ。 […]

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました