【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。

健康

毎日のように流れるコロナウイルス感染者の数。

それに加えて最近では県別のワクチン接種率までもがお決まりのようにニュースに流れるようになりました。

政府が勧めているこのワクチンですが、ワクチン製造会社が警告文書を出しているにも関わらず、政府はそこを国民には知らせずに接種をするよう勧めています。

『政府が言ってるから大丈夫』では決してありません

製薬会社が示しているデメリットを知った上でご自身できちんと判断してから接種するようにしてください。

ファイザーからの警告文書

「ワクチンを打つと不妊になる」「ワクチンを接種した人のそばに行くと感染する」など、ワクチンをめぐって様々な噂がたくさん出ていますが、どれに関しても政府は「そんな事実はありません」と答えてきています。

果たしてそれは根も葉もない噂だったのでしょうか?

ファイザーや治験実施機関が認める有害事象

残念ながら、前述の噂は一部当てはまる部分があるようです。

なぜならワクチンを製造しているファイザー社自身や治験を実施した機関がそれを警告しているからです。

わかりやすい動画を見つけましたのでこちらをどうぞ。

※このような警告してくれている動画や記事は、短時間のうちにどんどん削除させられているそうなので、見られるうちに見ておいてください。

ファイザーからの警告!-コロナワクチン最大のデメリット【自然療法士-ルイ】

要約すると、

コロナワクチンを接種した人から周りの人への曝露が確認される」ということです。

わかりやすく言うと、ワクチン接種した人が未接種の人にワクチン内に含まれる有害成分をうつす可能性がある、ということ。

その相手が妊婦さんだったり授乳中のお母さんだったりした場合に、子どもまで危険に晒してしまう可能性がある、ということをファイザー社や治験実施機関は警告しています。

このことを日本政府はひた隠しにして国民にどんどん打たせています。

曝露はどう起こる?

まずは曝露が起こる仕組みについて説明していきます。

ワクチンを接種すると、接種者の呼気や体液にウイルスを感染させる物質が含まれていることが治験の段階ですでにわかっています。

「会話をすることからうつる」とのことでマスク必須とされていましたが、皮膚が触れることでも感染が確認されているのでマスクだけでは不十分。

握手や抱っこなど、皮膚の触れ合いからも感染する可能性があるとファイザー社の警告文には示されているのです。

このことが明確にされているにも関わらず、その事実を知っている人は非常に少ないのが現状です。

一番懸念されるのは、コロナワクチンを接種した人もコロナウイルスに感染した人と同じような状態になり、次から次へと人にウイルスをばら撒く感染源になる可能性があるということ。

予防のために接種したワクチンが、家族を危険に晒す可能性があるのです。

曝露の経緯

先程の動画の図を引用してご説明しますね。

例えば、第三者の誰かの呼吸を吸ったとしましょう。

それは道ですれ違っただけの人かもしれないし、電車で隣の席にいた人かもしれません。

その第三者がもしワクチン接種をしていた場合、その呼吸を吸ってしまった未接種者(ここでいうところのおじいさん)が感染すると、そのおじいさんの家族がおじいさんの呼吸を吸うことでまた感染し、例えばその先に妊婦さんがいたとしたら妊婦さんにまで感染させてしまう恐れがあるのです。

つまり、自分が感染しないよう、周りも感染させないようにと打ったワクチンのせいで、本末転倒な自体が実際に起こっているということ。

知らない人が多いですが、このワクチンの治験が完了するのは2023年の5月なんですよ。

まだ2年も先なんです。

本来ならまだ承認時期にきていないワクチンを、緊急性があるからという理由付けでGOサインを出しているので、いわば接種者はすべて治験者のような状態です。

動物実験でこのワクチンを打たれた動物は2年以上生存していないなんて話も出ていますし、元ファイザーの副社長も「接種者の寿命は長くて3年」などと言っています。

「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

真実は時間が経ってみないとわからないのですが確実に言えることは、将来どのような支障が出てくるのか全く分からない未知のワクチンを政府はゴリ押しし国民は言われるがままに打っているということです…。

妊娠中や授乳中に曝露したらどうなる?

最も気になるのが妊娠中や授乳中の曝露。

一つずつ見ていきましょう。

妊婦さんへの影響

では妊婦さんが曝露した場合にどうなるのか、ファイザー社や治験実施機関から確認された事項を記載していきます。

妊娠の異常な結果について

・子宮外妊娠 ・自然流産 ・子宮内胎児死亡 ・新生児胎児死亡
・先天性異常

上記の事象は国内でも確認されています。

曝露していなくても上記の事項は一定の率で起こるのですが、治験の段階で『妊婦に曝露させた恐れがある場合には妊婦に異常が見られていなくても報告するように』とされていたので、曝露していないときよりも可能性が高くなるということなのかもしれません。

授乳中の子どもへの影響

ファイザー社は乳児への曝露経路についても記載しています。

①授乳期間中のワクチン接種やワクチン接種後に授乳が行われていた場合
②授乳期間中に環境曝露(ワクチン接種者の呼吸を吸ったり皮膚が触れたなど)させられるか、環境曝露が起こった後に授乳していた場合

上記①②に該当する場合、乳児にも曝露するとされています。

曝露するということは有害ウイルスに感染したのと同じような状況になるということなので、乳児のちょっとした変化でも軽視はできません。

接種者は来院や来店を拒否されつつある

最近になり、ワクチン接種をした人の来院を拒否する病院や、接種した人の来店を断る店が日に日に増えてきています。

ある病院に貼られた張り紙

コロナワクチンを打たなければいけないような雰囲気の中、同調圧力に屈せずにこのような張り紙を出したこの病院には、全国から賞賛の声があがっています。

ちなみにファイザーと同じ製造方法で作られているモデルナのワクチンにも同じような有害事象は当然に可能性はあります。

おわりに

ここまで読み終えて、怖くなった方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんワクチン接種者すべてがウイルスをばら撒くというわけではなく、ばら撒く可能性があるとされている段階なので必要以上に警戒はいらないのかもしれません。

しかしワクチン会社等がこのような懸念があると発表していることを知らずに接種するよりは、何を自分の身体に入れるのか、何を大切な人が接種するのかををきちんと把握した上で接種すべきだと思うのです。

治験もままならない段階にある未知のウイルスに対するワクチンを、政府が一心不乱に国民に推し進めている時点で疑いを持ち、自分自身で調べることをしなければなりません。

コロナウイルスの感染力が強くなってきたのはワクチンによる人工ウイルスの仕業である可能性も否定できないとの声も上がっており、実際曝露による感染は、人工ワクチンによる感染ですので人工ウイルスと言えるでしょう。

政府は私達の命を保証はしてくれません。

コロナワクチンに対しては特に「政府が言うこと=信用できる」という構図は成り立たないということに1人1人が気付かなければいけません。

一つの情報を鵜呑みにせずに、あらゆる情報を自分自身でまんべんなく調べて取捨選択をするのが私達が取るべき行動です。

接種をする人もしない人も迷っている人も、きちんとした情報を得た後で後悔しない選択をできるといいですね。

そこで導き出した個人の選択を尊重できる世の中であってほしいと思います。

コメント

  1. […] らもどうぞ→【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。 […]

  2. […] こちらも参考に→【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。 健康 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー q-tarouを […]

  3. […] 【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。 […]

  4. […] 【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。 コロナワクチン接種後の悲劇。母乳により命を落とす子ども達。 日本発の「イベルメク […]

  5. […] 【必読!ファイザーからの警告文書】コロナワクチン接種前に必ず知らなければいけない真実。 […]

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました