デマ医師扱いの神戸の中村医師。世間が叩きたがる単純な理由とは。

健康

神戸元町にある心療内科「ナカムラクリニック」の中村医師がデマを流している、と世間の一部から批判されています。

この中村医師は、コロナワクチンに対する疑問や危険性などをブログで随時発信しています。

今回の記事では、中村医師の言っていることが本当にデマなのかどうかを考えていきたいと思います。

医師がブログにデマを書く!?

今月初旬、あるニュースがネット上を飛び交いました。

それは、「医師がワクチン接種に関するデマを流している」というもの。

児童らが「接種後に死亡」と誤情報拡散 きっかけは開業医の投稿か - ライブドアニュース
新型コロナワクチンをめぐり、誤った情報がSNS上で拡散されている。児童や生徒らが「接種後に死亡した」とする内容で、学校側には抗議が殺到。拡散のきっかけは男性開業医の投稿とみられ、学校側は訂正を要求している

事の発端は、兵庫県にある高校の生徒がワクチン接種後に亡くなっていることを中村医師がブログに書き込んだこと。

その記事を見た人達が高校へ「隠蔽するな」と抗議の電話をかけ、高校から中村医師へ「事実ではないので削除してほしい」と依頼をしたということです。

 SNS上に、兵庫県内の私立高校の生徒がワクチン接種後に死亡したとの書き込みがあったのは9月17日ごろ。「コロナワクチンを打った高校生にはすでに死亡者が出ている」「マスコミで報道されていない。無論、報道規制である」などと書いた上で、学校の実名を記し、接種後に生徒が亡くなったとする他人の投稿を引用し、事実かのように紹介した。

 書き込んだのは兵庫県内でクリニックを経営する医師とみられる。この医師はかねてSNSなどで、ワクチン接種の危険性を繰り返し訴えていた。

 名指しされた私立高校の担当者に、ワクチンを接種した生徒が死亡したのは事実かと聞くと、開口一番、「事実ではありません」と明言した。念のため、「ワクチンを接種した生徒がその後亡くなったという事実はあるが、死亡との因果関係が不明ということか」と尋ねると、「接種した生徒が死亡したという事実がないということです」と明確に否定した。

 完全なデマを流されたということだが、3連休が明けた21日以降、高校や系列の小学校などにも抗議の電話やメールが数十件来たという。

「教員らは授業の合間などに対応に追われ、業務に支障が出ました。本当なのか不安に思って問い合わせてきた方もいましたが、書き込みを信じ切って、かなり強い言葉を使われる方も多くいらっしゃいました」(担当者)

 学校側は書き込んだとみられる医師に対し、内容の訂正などしかるべき対応を求めたが、

「内容の訂正や投稿したことについてのお詫びをするしないという以前に、『そのような事実はない』という学校側の説明自体を認めようとしてくれませんでした。そうした経緯がありまして、9月29日に学校のホームページ上で、事実ではないということを公表するに至りました」(同)

 現在、医師の投稿は削除されており、学校にもホームページで事実関係を公表して以降、抗議の電話は来なくなったという。一方で、学校が何かを隠しているのではといぶかる声もあり、一度出回ったデマは簡単には消せないのが現実だ。

引用元→「ワクチンで生徒死亡」と医師がSNSでデマ拡散 投稿削除も「お詫びすらない」と学校関係者(AERA dot.) – goo ニュース

医師のブログ内のこの記事は既に削除されてしまっていますが、検索すると記事を引用しているブログが結構出てきます。

※興味のある方はこちらをどうぞ→高校生がワクチン接種後に亡くなったらしい・・・中村篤史/ナカムラクリニック・神戸 – 国語塾もへじ~読解・記述&作文塾~開塾16年へ (goo.ne.jp)

本当にこの情報はデマだったのでしょうか。

学校側すら死因を知らない可能性

医師のブログには当初高校名まで書かれていたとのことで、これに反応した多くの人達が高校に「事実を隠すな」などと電話をしたため、業務が一時停止するほどだったそう。

事態を重く見た高校は中村医師に「記事の削除依頼」を願い出たのですが、思ったような対応をすぐにしてもらえなかったようで、学校のHPにこの件についての見解を出しました。

「コロナワクチンを接種して死亡したという事実は一切なく」と記載されていますが、ここで気になるのが実際に学校に問い合わせをしたという人のお話。


問い合わせによると「生徒が一人お亡くなりになっていることは事実」ですが、「死因についてはご家族の希望により明かされていない」、そして「生徒がワクチンを接種したか否かは学校側としては把握していない」との回答を得たとのこと。

となると「ワクチンを打ったかどうかは知らないけど、ワクチンのせいで亡くなった事実はないよ」と言っているということですよね。

おかしくないですか??

ごもっとも。

知らないなら知らないでいいのに、「ワクチンのせいではない」と言い切るところに違和感が…。

結局のところ、高校生がワクチン後に亡くなったのかどうかは、関係する人にしか知りえないこと。

高校ですら把握していないんだから。

デマを流すことに何のメリットが??

これが仮に本当にデマだった場合、中村医師にデマを流すメリットってあるのでしょうか。

中村医師のクリニックのHPをご覧になった方はご存知だと思いますが、彼のお名前、顔写真、クリニックの住所や電話番号など、「私はこういう者です!」と言わんばかりに堂々と情報が記載されているんですよね。

もしニックネームを使ったどこの誰ともわからない人間が流した情報がデマだと言われていたなら「なーんだ、デマか」と思えますが、ここまで堂々と自分の看板を掲げている人があえてデマなんて書くでしょうか。

もし本当に故意にデマを拡散していたなら、彼本人の人間としての信用、医師としての信用や免許はく奪の可能性、クリニックの運営に大きなダメージ、家族に対する他人からの攻撃など、何一つメリットとなるものはないように思います。

あなたなら、必死に勉強して医師になり、自分のクリニックを運営している立場にある状況で、これらの努力や信頼を全て失ってでもデマを拡散してワクチン接種を阻止させたいと考えますか?

嘘を拡散して自分の立場や家族の安全を脅かしてまで、ワクチンの危険性を訴えるでしょうか。

中村医師は絶対に揺るがない事実があるから記載している、医師として伝える必要があると考えているから投稿している、だから学校からの削除要求にもすぐには「うん」と言わなかったのでは…と私は思っています。

ワクチンに異を唱え続ける中村医師を疎ましく思っている人物が、『デマということにして』圧力をかけているのではないか。

そういうことにしたいと学校にも掛け合っているのではないか。

あくまで私個人が勝手に想像していることなので事実かどうかは定かではないですが、そう考えるのが一番自然だと思っています。

実際に彼のクリニックにやってきた、亡くなったとされる子と同じ高校のお友達の証言からこのことが発覚しているわけですから、この情報の信ぴょう性は高いのではないかと考えます。

逆になぜ「デマ」だと言えるのか

コロナワクチンが日本でも接種され始めてから、「デマ」という言葉をよく聞くようになったなあと思います。

それも、ワクチンに対するネガティブ情報に対してだけ。

ファイザーが警告していることも「デマ」、海外でワクチン後に重篤な症状が出ていても「デマ」、デマである根拠が示されずに「デマ扱い」されている事項はたくさんあります。

例えばワクチン接種後の不正出血に関して。

厚労省は「ワクチンで不正出血が起こることはない」と一貫して言っていますが。。。

しかし、ファイザーワクチンの薬物動態試験の結果を見ると卵巣への影響が一目瞭然。

画像4

【公式】ファイザーワクチン ワクチンの薬物動態試験結果 

ovaries(卵巣)へのワクチン成分の集積が一時的に多くなることがデータでバッチリ示されています。

ワクチン接種から間もなく不正出血が起きた、すでに閉経した人に出血が見られたなど、国内外を問わずこのような例が多くの女性の身に起こっているわけです。
ワクチン接種後、月経異常事例が相次ぐ…韓国政府「因果関係を調査する」(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

既に米疾病対策センター(CDC)は関係性を調べるために独自に調査に乗り出し、ワクチンと不正出血の関係性を発見したとしています。

「不正出血は一番怖いこと」…ワクチン接種後の生理異常を訴える声=韓国(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

そして日本はというと、本日も厚労省のHPに「ワクチンが不正出血を起こすことはない」と堂々と記載されています。

よく恥ずかしくもなくこんなの公表してるわ。

これだけ世界中で報告が上がっていて、しかも専門機関も関係性を認めているというのに。

ファイザーが発表していることで国が「デマ」としていることは他にもあるし、専門医が「ワクチンとの関係性が否定できない」としていることでも「デマ」。

「デマ」の根拠は示さないくせに「デマ」。

「デマ」と言ってること自体が「デマ」なんじゃない??と思わざるを得ません。

【ワクチン後の女性の不正出血】CDCがワクチンとの関連性を発見。韓国政府も調査に着手。

デマということにしたい心理

報道によると、日本全体の接種率は7割を超えていて、接種可能な年齢だけに着目すると8割を超えているそうです。

10人いたら7~8人は接種をしているということですよね。

接種をした人に中には、「周りが打っているから」という同調圧力から、または「周りも打っているから」という安心感をもとに打った方も多いのではないかと思います。

始めこそ「ワクチンこそがコロナを乗り切る唯一の方法だ」と連日放送されていましたが、ワクチン後に亡くなる方が非常に多かったり、ワクチンに異物が混入していたり、ワクチンの効果は半年も持たないことが判明したり、2回で完了とされていたはずなのにブースター接種が必要になったりと時間が経つにつれワクチンへの疑念は増す一方。

女性の不正出血、若い男性の心筋炎など健康にかかわるリスクも徐々に取り上げられ、今後そのような事項がさらに増加すると予測されます。

「健康を守るために打った注射で健康リスクを抱える可能性」という本末転倒な事態に怒りを覚える接種済み者も少なからずいるようで、その方達にとってはワクチンに関する有害情報は強い嫌悪感を持つ要素となります。

強い嫌悪感と同時に存在しているのはとてつもない不安感。

そこでその不安感を消すために働くのが、都合の悪い情報を「デマにしたい」という心理。

一方、ワクチンを何が何でも推奨したい政府もワクチンに対するマイナス情報には敏感で、ワクチンに対するネガティブ要素を含んだ動画や記事を片っ端から削除~。

そしてデマ扱い。

政府の利害と接種済み者の利害が一致し、都合の悪い情報は全てデマということにして拡散しまっているように思います。

確かに、ワクチンに対するネガティブ情報はすべてが真実ではありません。中には根拠のないデマも混ざっていることは否めない事実です。

しかしそれは、ワクチンに対するポジティブ情報にも全く同じことが言えるのではないでしょうか。

「政府がデマと言っているからデマ」では、説明になりません。

先程もお伝えした通り、世界でワクチンとの関係性が確認されている症例でも厚労省は「デマ」としているのですからね。

政府が反対意見をデマとするのは、「信用されたら接種率が下がるから」。

接種済み者がデマとするのは「真実だとしたら怖いから」。

なんでもかんでも「デマ」としちゃうところにまた未接種者は不安を持ち、偏った報道にますます打つ気を失くす…。

そもそも、「ワクチン被害があった場合には4000万円出します」とか「ワクチン打っても死にません」とか「ワクチンを打った人に○○が当選する」とか言ってる時点でワクチンを疑うべきだと個人的には思います。

コロナワクチンの解毒には【スラミン】が効果的!?今注目の【松葉茶】とは。

結局のところ…

一部でデマ医師とまで言われてしまっている中村医師ですが、実際のところ私も彼のすべての情報を信用しきっているわけではありません。

当然「これはどうなんだろう…」と信憑性を疑ってしまうような内容もあったりします。

しかしそれには大抵エビデンスも一緒に記載されているため、情報が明らかなデマだとは到底思えないのです。

デマだとされた記事もかなり詳細を語っていたし、何よりデマを流す根拠が見つからない。

デマとしないと都合の悪いことがあるから、権力を持つ誰かに潰されかけているのではないかと感じています。

何を信じるかは個人の自由ですが、根拠もなく「デマ」と決めつけるのは危険です。

少なくとも中村医師のブログは根拠をもとに作成されていますので。

 

語られては困る事実を語っているからこそこれだけ注目されているのでは、と思えてしかたありません。

 

あなたならどう判断するでしょうか。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました