【ワクチン後の女性の不正出血】CDCがワクチンとの関連性を発見。韓国政府も調査に着手。

健康

「コロナワクチン接種後に突然不正出血が起こった」と訴える女性が世界中で頻発しています。

日本でもTwitterなどを中心に突然の不正出血に驚きや不安を吐露する女性が多くいて、このような副反応が自分の身体にどのような害をもたらすのかわからずにワクチン接種をするのは怖いと考える方は多くいらっしゃいます。

この不正出血について、一昨日(8月31日)韓国で動きがありました。

韓国人女性の訴え

昨日ネットニュースで、8月31日に韓国大統領府の国民請願掲示板に「女性の不正出血を新型コロナワクチンの副反応として申告できるようにしてください」と韓国人女性が訴えたことが話題になっていました。

訴えた女性は、「女性がワクチン接種後に月経ではないのに不正出血が発生する事例が頻繁に発生している。しかし、ワクチンの副作用としての申告すら受けてくれないのが現実だ。女性にとって下血は最も恐ろしいことなのに、病院に行けば避妊薬やタイレノールを服用しろと言われるだけだ」と指摘し、「今もインターネット検索をしてみると、多くの女性が不正出血が発生したと言っているのに、関連のケーススタディもなく申告すらできない状況というのは理解できない。女性の体で起こる深刻な症状が頻発するのに誰も関心を持たなければ、人類の半分が経験している苦痛に医療界と政府が関心を持たないということだ」と主張しています。

参考記事→「不正出血は一番怖いこと」…ワクチン接種後の生理異常を訴える声=韓国(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

これまで日本を含む世界各国で、ワクチン接種後に突然不正出血が起こったと女性が訴えるケースが頻発していたにもかかわらず、因果関係を調べられることもありませんでした。

この記事のコメント欄にも、

・私もワクチン1回目で不正出血、2回目で量の減少があった。
でも、婦人科で相談したらワクチンの影響じゃないって断言されて、まだ、始まったばかりのワクチンなのに、断言されるのは違和感が残った

・私はモデルナ製のワクチンを2回受けて、2回とも発熱、関節痛等に加えて下腹痛とともに不正出血がありました。産婦人科に行って相談しましたがそういった副反応は報告されてないとのことで取り合ってもらえませんでした。

・女性の不正出血って女性特有のことだし他人には分からない分とても不安が大きい。ほんの少しの不正出血でも動揺するのに、ワクチン接種後にたまたま不正出血?男性の方、もしワクチン接種後いきなり血尿が出たらびっくりしませんか?

・自分も1回目ワクチン接種後の生理が2週間たっても終わらず婦人科で診てもらったら、卵巣から出血していた。
どうやらワクチンの成分が卵巣に入り込み出血を起こしたようだと。
その婦人科ではワクチン接種開始以降に同じ症状で来た患者さんが急に増えてたので、医師も初めは何なのかわからなかったが、接種が進んでワクチンの副反応だと確信したって。
閉経した方々も不正出血した患者さんが多々いる模様。

という意見が散見され、「不正出血したの自分だけじゃなくて心強い」とずっと不安に思っていた方のコメントも目立ちました。

政府の発信を信じ込むのは危険

このような事象は世界でワクチンが接種され始めた時から話題になっていました。

今年に入って日本でもいよいよワクチン接種が始まり、ワクチンについて調べる人が多くなり、この情報に行きつく人が増えました。

ワクチン接種後に不正出血が起こる。

生理が終わったばかりの人が。

すでに閉経していた人までも。

量がものすごく増え、貧血になった人。

長期間出血が続き、悪い病気かとずっと不安に駆られていた人…。

個々により症状は様々ですが、不正出血の情報がここまで多いと、特にこれから妊娠・出産を考えている人は不安に思うのは当然でしょう。

ワクチンを不安視する声をかき消したいがために、

「妊娠出産はできるからワクチン打ってね。不妊になるとかデマだから。デマは信じないでくださいね」

と政府は吐き捨てるように発言していましたが、

じゃあ、デマだと言い切れる根拠は??

世界中で女性たちの身体に異変が起こっているのにほったらかし??

と、すごく腹が立ち、ガッカリした記憶があります。

女性の身体の変化がどれほど女性を不安にさせ、ストレスになり、心身ともに大変なものかを男性議員は全く理解しようとせず、とにかくワクチン接種率を増やすことしか頭にないことがよくわかった一件でした。

流出したファイザー社の内部文書

ファイザー社の内部文書の一部が流出し、拡散されています。

文書の左上に記載されているSARS-COV-2は新型コロナウイルスを意味し、『SARS-COV-2 mRNA Vaccine』とあることから、これらの数値が新型コロナウイルスのワクチンの詳細を表していることが確認いただけるかと思います。

今からお見せする文書には、mRNAワクチンの成分が体内のどこに運ばれ、どこに蓄積するのかをネズミで実験した結果が記載されています。

mRNAワクチンの成分が最も蓄積した場所。

それは…↓

画像4

引用記事→コロナワクチンは卵巣に蓄積する|中村 篤史/ナカムラクリニック|note

ovaries…つまり「卵巣」です。

他の部位に比べて蓄積濃度が高いのが一目瞭然。

卵巣への蓄積量、すごくないですか…??

女性たちが不正出血を訴えているのが単なる偶然じゃないことが示されていますよね。

今後、万が一…ホントに万が一、ワクチン接種が生殖機能に影響を与えることがわかったって、政府は保証なんて絶対にしてくれませんよ。

政府の話を鵜呑みにするのは本当に危険だと感じます。

とにかく自分で情報収集をすること。

「政府が情報をくれなかった」じゃなくて「情報は自分で収集するもの」です。

その中で答えを出すこと。

後悔したくないなら、自分で調べることです。

そうじゃなければ、自分の人生を他人に丸投げしているのと同じです。

月経異常を感じた女性達

記事の中では女性達の証言もたくさん掲載されています。

先月ファイザーの1回目接種を受けたと話すあるネットユーザーは、生理が終わる日にワクチンを接種したが、不正出血があったという。このネットユーザーは「翌日、目が覚めたらシーツがぬれるほど出血があった」「産婦人科に行ったら不正出血で、『ワクチンを打った人がよく来る』と言われた。なぜこのようなことは教えてくれないのかと腹が立った」と語った。

先月18日にファイザー1回目接種を受けた別のネットユーザーは、月経周期が早まったと主張している。このネットユーザーは「(接種当日に)月経周期よりも5日早く生理が始まった」「(接種2日目には)経血量がいつもよりも多くなり、生理痛もいつもよりも強かった」と言った。

このほかにも「アストラゼネカ製ワクチンを接種した後、50日以上生理がなかった」「70代の女性がワクチン接種後不正出血した」などの証言もある。

引用記事→「シーツがぬれるほど不正出血」…韓国でワクチン接種済みの一部女性たちが月経異常訴え(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

このような訴えは海外でも多く聞かれている声で、「副反応として認められていないみたいだけど、ワクチンを接種したら不正出血は覚悟しとかないとね」と、ワクチンについてきちんと調べている女性の間では常識に近くなっています。

今回、勇気ある韓国人女性のおかげで韓国政府は「因果関係を調べる」としていて、事態は少しずつ動き始めています。

参考記事はこちら→ワクチン接種後、月経異常事例が相次ぐ…韓国政府「因果関係を調査する」(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

CDCが副反応として認めた

今回の件よりもっと前に、アメリカのイリノイ大学の研究チームではワクチン接種後に月経異常の症状があった女性約14万人の事例を集めて報告書を作成していて、その後、米疾病対策センター(CDC)は関係性を調べるために独自に調査に乗り出し、このほど女性の月経不順などを潜在的な副反応として確認したそうです。

やっぱりね。

ワクチン後にたまたま大勢が不正出血したなんて不自然すぎて。

やはり、不正出血はやはりワクチンのせいだったみたいです。

ただし、現地の医師たちは「月経不順などの副反応は心配するほどではなく、ワクチンを接種しない理由にはならない」と説明しているとのこと。

うーん。接種しない理由にはならないとか、そんなこと言われてもね。。。

不正出血して、それでも妊娠や出産に本当に全くもって影響ないのかってことが肝心なのよね。

不正出血とワクチンの因果関係はないって散々言っておきながらこの結果。

今度は妊娠が難しいこととワクチンに因果関係はないって言いそうだもん。

接種後に血管に異常が見られる報告例がたくさんあるのに、出産でいきんだ時に大丈夫なんだろうかという心配もある。

実際はどうかわからない。確実に大丈夫なんて言えないはず。

まだ治験中の未知のワクチンを接種して、その結果がわかるのは数年後。

身体に何が起こるのかは誰にも何もわかっていないような状況なのです。

それを「大丈夫だから打ちなさい」というほど無責任な発言はないと個人的には思っています。

もちろん、本当に大丈夫で無事に妊娠・出産できる可能性も十分にあることです。

でも、未来は誰にもわかりません。

だからこそ、自分で調べて自分で考え、自分で後悔しない選択をすること。

打つにしても打たないにしてもこれに尽きると思います。

ちなみに日本では…

ワクチンと不正出血との関連について、今(9月2日朝10時)の時点では、

関係ないって言ってる…。

「不正性器出血や過多月経(経血量が多いこと)は、子宮筋腫、子宮がんなどの病気が原因のことがあります。必要に応じ、産婦人科を受診し相談しましょう。」だって。

CDCは関連していると言ってますよー。

韓国政府も因果関係を調べると動き出しましたよー。

それに比べて日本は全然調べる気なしですもんね。

この国が国民のことをどう思っているかがよくわかります。

おわりに

コロナワクチンの有害事象について以前から色々調べていましたが、今回不正出血とワクチンに関係性があるということがわかっただけでも大きな進歩だと思っています。

接種後の副反応として、接種部位の痛みや発熱、頭痛、吐き気などが出ることがあるという知識はあっても、不正出血があることは事前に知らされてはいませんでした。

ワクチンとの関連があるとわかったことで、接種を考える要素が一つ増えたことは打つ側としてはありがたいことです。

ワクチンを打つべき理由ばかりを訴えるだけでなく、マイナスの要素も隠さずにきちんと報道してほしいと思います。

とにかく報道に偏りがあり、きちんとした判断をするには自分で調べるしかありません。

コロナ感染者数の増加により接種を希望する人が多いと聞きますが、きちんと調べて悔いのないようにしてください。

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました