【モデルナワクチン】2回目接種後の副作用の率は8割。接種後2日間はフリーに。

健康

ワクチン接種で使用されているファイザーワクチンとモデルナワクチン。

どちらのワクチンも接種後の副作用が話題になっていますが、特にモデルナワクチンの副作用がかなりの高確率で発生することが最近になってわかってきました。

厚労省の研究班がモデルナワクチンを接種した自衛隊員1万人強を対象に調査すると、モデルナワクチンの2回目を接種した後に副作用が現れる率はなんと約80%。

あまりにも多くの人が副作用に苦しんでいたことが判明したのです。

モデルナ2回目の反応

2回目の接種が完了した約2500人を追跡すると、ほとんどの人が接種の翌日に発熱していることがわかりました。

具体的には

37.5℃以上の発熱…78.4%
38℃以上の発熱…61.9%

で、全体の約4割の人が翌日の仕事を休むほどに体調が悪化したそうです。

1回目の接種後と2回目の接種後を図で比較すると、


画像引用:モデルナのワクチン 2回目接種後の症状 “7割以上の人が発熱” | NHK

2回目の副作用の出方が顕著。

特に、若い女性に副作用が出やすいことがわかっています。

ファイザーは?

厚労省の研究班はファイザーワクチンを受けた医療従事者2万人を対象に調査もしていました。

それによると、2回目接種後に発熱した人は全体の38.1%で、そのうち38℃を超えた人の割合は21.3%でした。

 

※モデルナとファイザーの調査は、調査対象の人数、年齢構成、男女比が異なるため単純に比較はできませんが、数値だけに着目すると、モデルナの副作用率はファイザーのほぼ2倍となっています。

 

この結果を受け、研究班の代表の順天堂大学医学部 伊藤澄信客員教授は、

「接種から3日後には症状がおさまっていることが多いが、発熱は40度に達することもある。特に2回目の接種後は安静にして、翌々日ごろまでは仕事や学校を休むことも検討してほしい」

と、症状が落ち着くまでは安静にするように呼び掛けています。

 

これから接種する方は、接種後2日間は休む予定にしておいた方が良さそうです。

 

 

コロナ蔓延以降、一家に一台必需品といわれ始めた「パルスオキシメーター」。ご購入がまだの方はこちらから。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました