紫外線対策は子供でも必須!18歳までに浴びる紫外線の量はなんと一生分の半分以上!

健康

紫外線が最もきつくなるこの季節。

子供の肌にも紫外線対策を考える親御さんが増えています。

子供は太陽の下で元気に遊ぶもの!赤ちゃんには日光浴をさせなければいけない!と考えられてきましたが、今の時代は「しっかり対策」が主流になってきています。

人は18歳までに一生に浴びる紫外線の半分以上を浴びている、と言われているほど子供時代には紫外線を浴びています。

幼いうちから対策することが重要視されるのはなぜなのでしょうか。

紫外線は身体や遺伝子を傷つける

かつて身体によいとされてきていた紫外線も、今では対策グッズがバカ売れするほど人類にとって厄介なものとなっています。

老若男女問わず影響は深刻で、特に子供は紫外線から受ける被害が顕著です。

子供の頃から浴びた紫外線量と将来の健康への悪影響は比例の関係にあり、受けた紫外線ダメージは身体にどんどん蓄積されてきます。

幼いころからの紫外線対策がいかに重要かを親は知っておかなければなりません。

 子供の皮膚は刺激に弱い

子供の皮膚は大人の皮膚の厚さの約半分ほど。
少しの刺激でも炎症を起こしやすく、幼児期は皮膚疾患が多い時期でもあります。
その皮膚に紫外線を浴びることにより、赤く腫れ上がったり、熱を帯びたり、表皮や一部の真皮の細胞の遺伝子に傷がついてしまうことがあります。
大人には影響がなくても子供の肌にはかなりの負担になっていることもあるので、帽子や日焼け止めなどでしっかりガードしてあげましょう。

若年であるほど紫外線による悪影響を受けやすい

子供の皮膚は、大人に比べて細胞分裂の回数が多い上に早いです。
紫外線を受けることにより表皮や真皮の一部の遺伝子が傷つけられてしまうことがあるのですが、細胞には遺伝子の傷ついた部分だけを切り取り正常な形へ戻す仕組みが備わっており、紫外線により皮膚の細胞の遺伝子に傷がついた場合には通常であれば元通りに修復してくれます。

しかし何度も繰り返して遺伝子にダメージが加わってしまうとDNAの直し間違いが起こり、この「変異」が皮膚がんへと繋がる危険性が高くなります。実際にマウスを使った実験では、大人のマウスと若年のマウスに同じ量の紫外線を浴びせたところ、若年マウスの皮膚がん発生率が高かったという結果も出ています。

日本人は肌の色から皮膚がんに罹るリスクは世界でもかなり低いと位置づけられていますが、マウスの実験からすると、幼いうちから紫外線を浴び続けることがリスクのある行為であるということには違いありません。

子供を守ってあげられるのは、そばにいる大人だけです。

曇りや雨の日、室内でも紫外線に注意!!

紫外線は晴れた日だけではなく、曇りや雨の日、そして室内にいたとしても私たちのもとへ降り注いでいることはご存じでしょうか。

理由は紫外線の波長の長さによるもので、特に波長の長いUV-Aと呼ばれる紫外線は、厚い雲のや窓ガラスなどを簡単に透過して人間の元へと届いてしまいます。

このことから、どんな天気であっても、たとえ一日中家にいる日だったとしても日焼け止めは欠かさずに塗ったほうがいいです

日焼けをすることは皮膚に炎症を起こさせるだけではなく、将来の病気やしわ、たるみなどの原因になるのでこれを防ぐことは必須です。

紫外線によるこのような影響を「光老化」と呼ぶのですが、この光老化を防ぐことで80%以上の肌老化を防ぐことができるとも言われているほどで、紫外線が対策がいかに重要なのか改めて思い知らされますね。

幼いころから浴びた紫外線の量が多ければ多いほど影響も大きく出るので、乳幼児の頃から紫外線対策はしっかりしてあげてください。

日焼け止めは肌に負担の少ないものを

晴れた日の屋外は紫外線まみれ。一層丁寧に日焼け止めを塗ることが大切になります。

大人の場合は「SPF 50+」「PA+++」など、日焼け止め効果の高いものが利用できますが、子供は肌が敏感なため、少しの刺激でも荒れる場合があります。

大人用の日焼け効果の高い日焼け止めを使ったことで肌が荒れ、治るまで日焼け止めを塗れなくなるという本末転倒な事態を避けるためにも、効果は多少弱いとしても低刺激のものを選ぶように心がけましょう。

選ぶ目安としては「低刺激」「石鹸で落ちる」など、肌に負担が少ないことを謳っているものがいいです。最近は無添加のものも多く発売されているので、大人も子供も共用できるものを選ぶ人が増えています。

屋外で使用する場合は、汗などで流れてしまいがちになるのでこまめに塗りなおしてあげるようにしましょう。

屋内では、屋外で使用するもので十分ですし、紫外線量が外よりも少なくなるのでもう少し弱めのものでもよさそうです。

 

値段も手頃。肌に優しい。しっかり肌を保護してくれる。我が家ではこちらを親子で使用中です。

まとめ

年々暑さが増しているのを実感していますが、それと同じように紫外線量も年々増加しているようです。

オゾン層の破壊が原因で、1980年代前半~2003年頃の約20年間で、10か所以上ある南半球の観測点で紫外線量が6~14%増えたとの報告があります。

今後ますます厳しい状況になってくることが予想されるので、自分や自分の大切な人をしっかり守ることを積極的に行う必要があります。

男性は日焼け止めを塗る人が少ないように思いますが、すでに男性も男の子もしっかり紫外線対策をする時代に来ています。

 

それぞれに合った日焼け止めを見つけて毎日対策していきましょう!!

 

 

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました